校長室より

小学生対象 体験模試10/20(日)

小学生対象体験模試を開催します。

申し込みを締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。
お車でお越しの方は,
下の「お車での送迎について」をよく読み,
気を付けてお越しください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
保護者説明会では今後の大学入試を見据えた講演会を企画しております。
特別講演
「大学入試の現状と,これからの入試」
 ~子どもをうまく伸ばす親とは~
講師
近畿大学入学センター 高大連携課 参事
(元 駿台予備学校神戸校 校舎長)
 屋木 清孝 氏


対象:小学校6年生児童(5年生も受験可)
日時:令和元年10月20日(日)
会場:近畿大学附属広島高等学校・中学校東広島校  ((本校周辺地図))
   駐車場から会場まで若干距離があります。時間に余裕をもってお越しください。
科目:国語・算数(各50分)

★筆記用具と上履き・スリッパなどをご持参ください。

9:00~9:30 受付  (本校中学校玄関)
駐車場から会場まで若干距離があります。時間に余裕を持ってお越しください。
 9:40~10:30 国語
10:50~11:40 算数
(9:50~11:20 保護者説明会)
駐車場(近畿大学工学部第2駐車場)をご利用いただけます。

  • 駐車場から会場まで若干距離があります。時間に余裕を持ってお越しください。
  • 成績表を後日,ご自宅へ送付いたします。
  • 体験模試の結果は,入学試験とは一切関係ありません。

お車での送迎について
駐車場については,下図をご参照いただき,「工学部第2駐車場」をご利用ください。構内は全車両一方通行としております。係員の誘導にしたがってお進みください。

※塾関係者一括申込用紙(FAX用)はこちらからPDFをダウンロードできます。

中2■修学旅行

中2の修学旅行の様子を順次追加してお伝えします。
●4日目
いよいよ長かった修学旅行も本日最終日。心配されていたお天気はなんとか持ちました!午前中は国会議事堂で研修です。お昼は中華街でランチ!その後畳制作体験を行いました。関東ともいよいよお別れです。



●3日目
今日は待ちに待ったディズニーランドの日でした。
出発前に、ディズニーランドでお仕事の経験がおありの、香取貴信さんのお話を聞きました。ディズニーでの経験を通して、他者への思いやりや自分の夢への情熱の大切さを教えていただきました。大変お話が上手で、楽しく聞けましたし、笑いだけではなく学びの多いとても素晴らしい時間となりました。
その後はいよいよ、ディズニーランド!園内はハロウィンの雰囲気に溢れ、雨も少し降りましたが、みんな笑顔で楽しい時間を過ごせました!
素敵な思い出をありがとう東京ディズニーランド!
明日でいよいよ東京ともお別れです。



●2日目
本日のテーマは「アカデミック」ということで、朝一番で東京大学の散策をさせて頂きました。
朝の澄んだ空気の中、赤門をくぐり、有名な安田講堂を目指しました。その後、国立科学博物館、上野動物園、そして、東京国立博物館で楽しく有意義な時間を過ごしました。
普段自分だけではなかなかじっくり見たり考えたりしないことをしっかり考察するチャンスを得ることが出来ました。
博物館の方に教えていただいたのですが、動物園も「博物館」の一種なんだそうです。いろんなことを知ることで、世界が広がる!そのことをしっかり意識したいなと思いました。
そして、ホテルに戻ってからは中高一貫の卒業生の先輩2名の方に大学生活や社会人としての経験を踏まえて、アドバイスをいただく交流会!東京大学4年生の中村先輩と、タカラトミーの片山先輩です。後輩のために時間をとってお話をして頂き、本当に感謝です!自分たちもいつか後輩のために素敵なアドバイスをさずけられるような人になりたいと思います!


●1日目
東京1日目です!
羽田からGVSプログラムスタート。留学生の方々とコミュニケーションしながらみんなで浅草をめざしました。
チェックポイントでお互いにお話したことがきちんと伝わっているか、先生の前で英語でトーク!みんな思いのほかよくコミュニケーションをとっていて、いろんなことをおしゃべりしていました。
浅草に着いてからは一緒に語り合った文化の違いや互いの学びをプレゼンテーションするために、試行錯誤!英語で一生懸命自分たちが知ったことを伝えました。
まだまだ不十分なこともありますが、とても良い経験になりました。今日の経験と反省を明日からの活動にも活かしたいと思います!

入試に関する資料請求フォーム

令和2年度入学試験要項など,本校の入試に関する資料の請求をフォームにて受け付けております。
請求いただいた資料は郵送にて送付いたします。

願書は11月より順次発送していく予定です。ご了承ください。

中学校・高等学校受験生向け
■中学「入学試験要項」
■高校「入学試験要項」
■高校「特別推薦・選抜Ⅱ実績証明書」
■高校「特別小学生願書・推薦書」

先生向け
■高校「特別推薦・専願Ⅱ基準」
■高校「特別奨学生基準」
■高校「調査書記入方法」
■高校「出願フローチャート」

ご希望の方は以下のリンクより資料請求フォームにお進みください。
願書は11月より順次発送していく予定です。ご了承ください。
https://business.form-mailer.jp/fms/afcb9408111202

++++++++++++++++++++++
■入試要項(参考資料)ダウンロード
令和2年度入試の要項PDF(参考資料)を以下のリンクよりダウンロードできます。
願書は上記のフォームより資料請求をしてください。
高校入試  ダウンロード
中学入試  ダウンロード

++++++++++++++++++++++
■平成31年度入試概況
こちらをご覧ください。
https://kindai-hh.blogspot.com/2019/01/31.html

入試説明会日程

■入試要項など入試に関する資料をご希望の方は以下のリンクをご利用ください。
入試に関する資料請求フォーム

■令和2年度入試生徒募集行事の年間予定です。クリックすると拡大できます。




中3■大学見学会 in 大阪、奈良

中3学年は、1泊2日で近畿大学を見学しています。
様子を順次追加してお伝えします。


●2日目
2日目も行程通り進んでいます。1組2組は医学部、3組4組は農学部で講義を受けました。それぞれ、講義を終え、東広島へ向けて出発しました。三木SAでこれから昼食をとる予定です。


●1日目
初日の見学と講義は無事に終了し、1組2組と3組4組がホテルで合流し、夕食を食べました。





高1■文理コース選択説明会

10月5日(土)本校4F体育館において文理コース選択説明会がおこなわれました。
本校教員から文理の教科の特性や選択科目の説明。
近畿大学の入試センターからも屋木清孝様に来ていただき近年の入試動向や近畿大学の説明もして頂きました。

工学部サイエンス実習(中2学年)

今日,中学2年生は近畿大学工学部でサイエンス実習に参加しました。普段は入ることのできない講義室や実験室で大学の先生の講義・実習を受けることができて,貴重な体験でした。また卒業生や大学生からのお話を聞くことができて,大学が身近に感じることができたのではないでしょうか。将来の大学進学に向けて,今からできる努力をコツコツとしていきましょう。



令和元年度10月朝礼 学校長講話

“Natural Disaster”

みなさん,おはようございます。10月になりましたが、まだ暑い日が続きます。先月行われた近校祭(体育祭)はお疲れさまでした。どの団も個性を生かして、よく頑張ったと思います。またこれからは朝晩も過ごしやすくなり、しっかり学習に取り組んだり、スポーツで体を鍛えるにも、じっくり読書するにも最適の気候ですね。でも季節の変わり目で、体調を壊さないようにしてください。

さて今日は“Natural Disaster”つまり「自然災害」についてお話ししようと思います。1学期には皆さんに“Intelligence Literacy”「情報収集」やSelf-Defense”「自己防衛」の重要性を伝えましたが、それを更に具体化してお話しします。2学期の始業式でお話しした“Wise Reflections”「賢明な反省」とも併せて考えてほしいと思います。

昨年は、ここ広島県も豪雨災害で大変な被害を受けました。家が流されたり浸水したり、命の危険を感じた方もいたと思います。今年も台風の被害で千葉県をはじめ関東の広い地域で多くの家屋が損害を受けたり、停電で何日間も不自由な思いをした人が何万人も出ました。そうした自然災害(Natural Disaster)は中々個人の力ではどうすることも出来ません。

もちろん、普段から防災グッズを備えたり、ハザードマップの確認、予め風などで飛ばされないように予防すること等は大切です。ここは“Wise Reflection”で、昨年の教訓を出来るだけ生かしましょう!しかし今日はもう少し広い視野で、この問題を考えてみたいと思います。

そもそも地震や台風などは、どうしても起こりうるものなので、それを防ぎようはありません。しかし地震や津波の被害は、ある程度ですが、耐震の建物や丈夫な防波堤などを造ることで軽減出来たり、台風の進度を正確に予測して準備をしたり、また大きく見れば地球温暖化を防ぐことで台風の大きさを縮小したり、洪水の被害を小さく出来るかもしれません。 “Natural Disaster”を“Man-made Disaster”「人災」にしないようにするのは、私たち人間の役割です。

そうです。皆さんがこれから大学に進んで学ぶ学問の中には、こうした自然災害から私たちを守るための研究がたくさんあります。理系に進む皆さんは具体的にどうすれば地震を予知したり、停電しない街づくりの研究に取り組むことも出来ますし、文系に進む皆さんは、理系の皆さんが作り出した研究成果を世の中に広めるという、大きな役割を担っています。また16歳のGreta Thunbergさんのように、国連で地球温暖化を止めるように働きかけることも出来るかもしれませんね。(毎週学校を休むと後が大変ですが…。)そうした取り組みを、私たちが皆で考えて、将来のために真剣に行うことが、延いては“Natural Disasters”「自然災害」の被害を最小限に食い止めることに繋がるのではないでしょうか。

例えば近畿大学での研究の1つに「バイオ・コークス」があります。これは私たちが普段生活している中で出てくる廃棄物を原材料に使って作るコークス(固形燃料)、つまり石炭です。具体的に言えば、お茶やコーヒーをいれたり、ミカンやリンゴを絞ってジュースを作った後の茶葉や豆かす、搾りかすはどうしますか?ゴミとして捨てて焼却しますよね。近畿大学 理工学部 機械工学科 井田 民男(いだ たみお)先生は、この不要な「かす」を高度な技術で圧縮して、固形燃料バイオ・コークスを開発しました。これが燃料として役に立つだけでなく、環境にも優しいことは分かりますね。まず「廃棄物がゼロ」になるという点、またこれまでゴミとして焼却していたものを利用しているので、実質燃焼による二酸化炭素の排出も差し引きするとなくなります。これはCO²の排出による地球温暖化の防止に役立ちます。今後は石炭の代替え燃料として約20%が見込まれているということです。凄いと思いませんか?私は3年前に北海道・恵庭にある近畿大学のバイオ・コークス研究所を訪問して、実験の様子を拝見しましたが、今後の実用に向けて最新の溶鉱炉を新たに設置していました。

このように皆さんの大学での研究が、これからの世界を大きく変え、自然災害を防止することに繋がるかもしれません。皆さんの研究が「天気の子」になるかもしれない。これからも自分がいま勉強していることが、将来どのような役割を果たすのかを考えながら学習していきましょう。きっと明るく楽しい未来が待っています。それを作るのは、皆さん自身なのです。

今日は“Natural Disaster”「自然災害」をテーマにお話ししました。今週末に台風18号が接近するという予報が出ています。今回も「最新で正確な情報」を入手し、「自分の身を守るための対策」を早めに行いましょう。

令和元年度10月全校朝礼

今日から10月が始まりました。1年間の折り返し地点ですね。これから過ごしやすい季節になりますので,体調管理に気をつけながら学習に部活動に励んでいきましょう。

表彰生徒一覧

スクールバス時刻表

■10月時刻表(クリックで拡大できます。)


■9月時刻表(クリックで拡大できます。)





■本年度 登校便時刻表(クリックで拡大できます。)



小学生対象 わくわく体験教室

たくさんの方に参加していただきました。ありがとうございました。
また近校で会いましょう!




2019近校祭(体育祭)

第23回 近校祭(体育祭)
たくさんの応援ありがとうございました。
数年ぶりに好天にめぐまれ,まさに体育祭日和。力いっぱいの演技,競技,パフォーマンスがくりひろげられました。近校!最高!


広島FMくじらじ収録

広島FMの中高生応援番組 大窪シゲキの9ジラジ内のコーナー 出張バトル エコノミクス甲子園に高校2年生チームが登場します。収録も終わり、9月11日21時10分から放送です。ぜひ聴いてください。
11月10 日(日)エコノミクス甲子園にドシドシ参加しよう!

科学の甲子園ジュニア初参加!

8月31日(土)中学2年生12名が科学の甲子園ジュニアに参加してきました。
科学の甲子園ジュニアとは、中学1・2年生が6名で1チームとなり、筆記競技(化学、物理、生物、地学、数学、情報の問題)と実技競技で協力しながら科学的な課題に取り組む大会です。広島県で1位のチームは茨城県で行われる全国大会に駒を進められる大会でした。
第7回を迎える大会ですが、本校は初出場でした。
問題は難問ばかりですが、夏休みの期間を利用して特訓してきました。
結果は上位に入ることはできませんでしたが、チームで協力することの大切さを学べたと思います。
また、科学講演では探究することの面白さを感じられました。
今後も、様々なことに協力しながら挑戦・探究することを続けていってほしいと思います。

 


令和元年度 2学期始業式 学校長講話 "Wise Reflection"

みなさん、おはようございます。

Long time, no see. How have you been?

今日から令和元年度、2学期がスタートします。前回、7月19日にみなさんとお別れしてから約1か月が経ちました。長い夏休みの間、普段と違う何かを体験したり、気分転換にどこかに出かけたりして、新しい自分を発見したり、新たなモチベーション(Drive)を身に着けることが出来ましたか。


私も10日余りの夏期休業中に、色々なことを経験しました。普段は離れて生活している家族とゆっくり過ごしてお墓参りに出かけたり、友人と交友を深めることが出来ました。色々な本を読んで自己研鑽に努めたり、国内旅行にも出かけて、新しい発見をしたり感動的な体験をすることもありました。

みなさんは家族と過ごすことを、特別な体験として考えない、ごく日常のことと思うかもしれません。しかし私にとって、学生や就職して大阪・京都に分かれて住んでいる妻、娘や息子、また高齢の母親とゆっくり過ごすことは、大変リラックスできる特別な時間になります。きっとみなさんのご両親も、私と同じような気持ちでみなさんとこのお盆休みを過ごされたと思います。

さあ、みなさんは、どうですか。夏休み中の様々な発見や感動体験は、もちろんただじっとしていては出来ませんし、より充実した経験にするためには自分から計画し、積極的に行動に移さないと、発展的なものにはなりません。でも、もう夏休みは終わってしまいました。今回、あまり積極的な過ごし方が出来なかった人は、どうすればいいでしょうか。次の冬休みまで待ちますか。

もちろん次の長期休暇に向けての計画も大切ですが、まずその前にすべきことは、”Wise Reflections” です。「賢明な反省」と訳しましょう。Reflectionは「反省」という意味ですが、元々は「映像・反映」つまり「反射して映し出す」という語源の単語です。反省するということは、自らを映し出して振り返ることなのです。しかし、ただ「ああ、失敗した」で終わるのではなく、次の行動へ反映させることが大切です。

そのためにも「賢く」振り返りを行ってください。今回、十分に積極的な過ごし方が出来なかったみなさんは、なぜ出来なかったのかを考えて、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。賢く反省するためには、今回の過ごし方をしっかりと記述して残しておいてください。今なら記憶が鮮明で、しかも次への意欲もきっと大きいと思います。ぜひ覚えているうちに書き留めて、次へのステップとしましょう。もちろん、充実した生活を送ることのできたみなさんは、さらに高いレベルを目指してください! Aim for a Higher Level!

 またこれから始まる2学期は、体育祭や芸術鑑賞などの行事もあり、秋にかけてはじっくりと学習に向かうよい季節にもなります。中学2年生は東京への修学旅行があり、高校3年生にとってはいよいよ大学受験の本番が始まります。この夏休みが、学習一辺倒だったという人も、きっとその成果は報われます。自分を信じて、これからのハードな時期を一緒に乗り越えていきましょう。




第二学期始業式

今日から第二学期が始まりました。まだまだ暑さが残る時期,生活習慣を整えながら,夏休みに取り組んだ経験を活かして学校生活をスタートしましょう。中学生と高校1,2年生はテストやスタディサポートが控えていますね。高3生は大学入試がいよいよ始まる学期です。充実させることのできる二学期にしましょう。
表彰を受けた生徒