校長室より

平成29年度 卒業証書授与式 学校長式辞

今年の冬はここうめの辺でも氷点下の日や真冬日が多くあり,例年になく厳しい寒さが続きました。この冬の寒さに耐え今年も梅のつぼみが膨らみ始め,花が咲き誇ろうとしています。

日増しに春の訪れが感じられる今日のこの良き日に,近畿大学工学部長 野村正人様,衆議院議員 新谷正義様をはじめ多数のご来賓の方々,保護者の皆様のご臨席を賜り,卒業証書授与式をかくも厳粛にまた盛大に挙行できますことに感謝申し上げるとともに,本校職員,生徒を代表して厚くお礼申し上げます。今回は第20回という節目の卒業証書授与式であり,本校にとっても意義深い日であると考えています。

さて,卒業生の皆さん,ご卒業おめでとうございます。心よりお祝いを申し上げます。今,全員に卒業証書を授与いたしました。この卒業証書には皆さんが仲間や先生方と過ごした近校での3年間が凝縮されています。卒業証書を手にすることで,近校で過ごした高校三年間の重みを感じ,この3年間で着実に成長した自分を実感して欲しいと思います。

卒業に当たり2つのことをお話しして餞の言葉にしたいと思います。

今,我々を取り巻く環境は想像を超える速いスピードで刻々と変化をしています。皆さんには(もちろん私も含め全員ですが)予測困難な将来が待ち受けていると言っても過言ではありません。人工知能の発達により学び方や働き方,生き方が大きく変わろうとしています。今皆さんが目指している職業の半分以上が無くなり,現在存在していない職業が新たにできるとも言われています。これからは単純な仕事は機械やAIが行う場面が増え,人は人にしか出来ないこと,それは何かを問いながら学び働かなくてはなりません。今の日本は知的創造社会へ突入していると言われています。次のステージに向かおうとしている皆さんには,これからの変化の激しい時代を生き抜いていくために,高い専門性をもつことはもちろん,知的好奇心をもって主体的に学び続ける態度を持つこと,多様性を受け入れ様々な人と協働すること,これまでにない新たな価値を生み出すことなど,将来に向けた力を身に付け蓄えてくれることを願っています。

皆さんにはそれが全員できると確信しています。それは私が皆さんと高校での三年間を共に過ごし,様々なことにチャレンジする姿や頑張る姿,困難な場面を乗り越える姿を見せてくれ,着実に成長をして今この場にいるからです。皆さんには本校卒業生としての自信と誇りをもち,本校で経験したことや学んだことを基盤として,これからの世代を担う人材として,グローバルな社会で活躍してくれることを期待しています。

2つ目は,「感謝できる心を持ち続けて欲しい」ということです。皆さんの今があるのは,これまでに保護者の方々,家族,先生方,多くの仲間の支えがあってのことです。また,様々な物や目に見えない環境や制度,ルールのおかげです。感謝するに値するものが無いのではありません。感謝するに値するものに気づかないことが多々あるのではないでしょうか。平素何気なく生活をしていると,あたかも自分一人の力で物事が進んでいると錯覚しがちですが,改めて色々な場面をふり返ってみてください。おそらく多くの人に支えられ助けられた場面があったことに気づくはずです。感謝するに値するものに気づき,感謝できる心を持つとともに,それらを言葉や行動で表せる人であり続けることで,校訓である「人に 愛される人 信頼される人 尊敬される人」の完成度を高めてほしいと思います。

終わりになりますが,保護者の皆様に一言お祝いとお礼を述べさせていただきます。改めましてお子様のご卒業,おめでとうございます。今日の日を迎えられお喜びもひとしおのこととお察し申し上げます。保護者の方々にはこの3年間,陰になり日向になりお子様を支えてこられたことに敬意を表するとともに,物心両面から本校の教育推進にお力添えを賜りましたことに厚くお礼を申し上げます。これからは同窓生の保護者というお立場で,引き続き本校の発展を見守って頂きますよう,よろしくお願い申し上げます。

さて,卒業生の皆さん,今日は新しいステージへの旅立ちの日です。全員で皆さんの門出を祝福し,喜びたいと思います。近畿大学学園の学園章は梅の花びらをモチーフにしていますが,左上の一部がやや離れているのは,未来志向に基づく内面の未完さらに充溢,完熟をめざし向かう姿を象徴しています。第20回卒業生の皆さんには,この学園章に象徴されるように,梅の花のような高い品格をもち,未来に向かって自信と誇りを持って充溢,完熟をめざし続けてくれることを期待しています。近畿大学附属広島高等学校東広島校第20回卒業生208名の皆さんの将来に幸多きことを祈念して,式辞と致します。

平成30年2月28日
近畿大学附属広島高等学校東広島校
校長 前 眞一郎

第20回卒業証書授与式

春が感じられるようになってきた今日,第20回卒業証書授与式が挙行されました。高校3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。近畿大学附属広島高等学校東広島校20期生として誇りを持ち、これからの人生を歩んでください。また、来校いただきました保護者の皆さま、本日は本当におめでとうございました。





平成29年度賞状授与式

今日は高校3年生の賞状授与式が行われました。栄誉ある賞を受賞された生徒の皆さん,おめでとうございます。明日はいよいよ卒業式ですね。晴れ晴れとした気持ちで式にのぞんでくださいね

学習発表会

総合的な学習の時間のまとめとして,中学1・2年生は学習発表会を体育館で行いました。1年生は稲作に関する発表と英語学習発表,近中オリジナルの英語劇「トイ・ストーリー」を発表しました。2年生は国際交流に関する発表とキャリア学習の発表を行いました。それぞれ発表の際は緊張していましたが,日頃の学習の成果を充分に発揮したいい発表会となりました。4月には1学年ずつ進級します。今年度の学習で学んだスキルをさらに磨いて,より深い学びにつなげていけるようにします。

2月全校朝礼

年が明けてから早いものでもう2月となりました。まだまだ寒い日が続きますが,少しずつ日も長くなり,春が近づいてきます。体調管理に気をつけながら学年末試験に向けて準備をしていきましょう。高校3年生はこれから各大学の入試が控えております。最後まで粘り強く頑張ってください。明るい春を迎えましょう!
表彰者紹介
吹奏楽部 第41回広島県アンサンブルコンテスト
 クラリネット四重奏 金賞
 金管八重奏     金賞
 木管五重奏     銀賞
 金管八重奏     銀賞

JICA国際協力中学生エッセイコンテスト2017
学校賞

平成29年度2月朝礼 学校長講話



一日の最高気温が0度未満という真冬日が続きますが,元気に過ごしていますか?インフルエンザが流行っているようですが,体調管理はできていますか?

今日から2月です。3学期の始業式から約1か月経過しました。毎日が自分のイメージ通りに進んでいますか?今日が高校3年生の授業の最終日となります。高校3年生が全員登校するのは今日で最後となります。高校3年生の皆さんは,センター試験も終わり国公立大学の出願を終えたことと思います。これから私大入試,国公立の2次試験と続きます。第一志望にこだわり粘り強く頑張ってくれることを期待します。

今日は「学校を象徴するものは何か」というお話をします。皆さんは,この近校を象徴するものは何ですか,と聞かれたら何と答えますか?自分の立場によって,答える相手によって異なるかもしれませんが,私ならこう答えると思います。近校を象徴するものは(一人ひとりの,または集団としての)生徒の皆さんの姿,先生方,卒業生の皆さん。
2018年度版学校案内より
生徒の皆さんの姿
これが一番だと考えています。授業中の態度や学習に取り組む姿,クラブ活動や行事に一生懸命取り組む姿,地域や家庭での姿など皆さんが生き生きと学校生活を送り成長していく姿そのものが本校の象徴だと思います。

先生方
私は5年前まで県立高校に勤めていたので様々な学校を経験しました。比べたら申し訳ありませんが,他校に比べ本校の先生方はよりやさしく熱心で丁寧な指導をしてもらっています。もちろん授業の進め方や皆さんの成績の伸ばし方や進路実現など頑張っておられる姿も本校の象徴だと考えています。

卒業生の皆さん
今の高校3年生が卒業をすると卒業生の数は4026人となり4千人台になります。たくさんの卒業生が近校の卒業生として胸を張って大学や社会で活躍をしています。また,本校を支援し暖かく見守ってくれています。今年の卒業証書授与式は2月28日(水)です。今年が20回目となります。高校3年生は今後は同窓生として近校を見守り支援して欲しいと思います。

このように「学校を象徴するもの」は生徒,先生,卒業生の姿,つまり人に関わる部分が大きいと私は考えています。さらに校訓や校章(学園章),校歌,施設設備も象徴するものだと思います。

校訓
「人に愛される人 信頼される人 尊敬される人 になろう」⇒近畿大学学園の建学の精神の一つ「人格の陶冶」につながるものです。


校章
梅の花弁を象徴したもので,形や上の方が一部離れていることにも意味があります。




校歌(学園歌・校歌特設サイトへ)
近畿大学の学園歌と本校の校歌は式典や集会のつど歌っています。今日は大きな声で歌えましたか?私は去年もお話をしましたが,私は雄大な賀茂台地に位置する本校がイメージできる本校の校歌が大好きです。伸び伸びと自主的に育つ本校の生徒の皆さんにマッチしたとても素晴らしい校歌だと思います。誇りを持って校歌を大きな声で歌えるようになって欲しいと思います。

これらの校訓や校章,校歌は近校生としてのあるべき姿や学校の将来に向けての理想の姿を示してくれているものだと思います。是非この機会に,生徒の皆さんの立場から「学校を象徴するもの」は何か,どうあるべきかを考え,より近校生らしい近校生になって欲しいと思っています。

今日から2月です。あっという間に2月3月が終わりすぐに4月になります。4月には新入生が入学をして,皆さんは先輩になります。先輩として恥ずかしくないよう,また新学期に向けて,本年度のやり残しがないよう,この2か月を計画的に過ごしましょう。高校2年生,明日から実質近校の最高学年となります。これから一人ひとりが最高学年としての自覚を持ち,リーダーとして近校全体を引っ張ってくれることを期待しています。まだまだ寒い日が続きます。健康に気を付けてそれぞれの目標に向かって頑張りましょう。