校長室より

平成30年度 2月朝礼 学校長講話

早いもので,1月も今日で終わりです。2学期の終業式と3学期の始業式はインフルエンザの心配があり放送で行いました。今日は高校3年生の授業の最終日となり,このような形で全校が集まる集会は高校3年生にとっては最後なので,少し寒いですが体育館での全校集会としました。

私は以前にも話したことがあると思いますが,このように1000人もの生徒や先生方全員が全校集会で同じ時間や空間を共有することはとても大切で意義のあることであると思っています。学校ならではのことです。素晴らしい演奏を聴きながら一人ひとりがきちんと行動して整列をする,全員が同じ学園歌や校歌を大きな声で歌う,こうやって全員が同じ話を聞く,表彰された人を全員でたたえる,頑張った人の姿を見て自分も負けないように頑張ろうという気持ちを持つ・・・など全員が一体感を持て,自己を高めることができるもとても貴重な時間だと思います。皆さんが近校の一員であることを確認できる時間,近校の一員としての自覚や誇りをいっそう高める時間,本校の伝統を積み重ねる時間です。皆さんには全校集会の意義を十分理解し,このような全体で集まる時間を大切にして欲しいと思います。先日本校の中学校入試と高校入試が終わり,入学予定者も決まりつつあります。4月には新入生が入学をしてきます。良き伝統があり一体感のある近校に迎えることができればと考えていますので,今日の私の話をよく心に留めておいてください。



高校3年生は明日から自宅学習日となりますが,これからも多くの高校3生が登校をして,私大入試・国公立大学前期・中期・後期試験に向けて最後まで頑張ります。健闘を祈り,良い知らせを待ちたいと思います。

高校2年生,明日から実質近校の最高学年となります。これから一人ひとりが最高学年としての自覚を持ち,やるべきことをきちんとやり切ったり,様々な場面でリーダーシップを発揮するなど,下級生のよきお手本として近校を引っ張ってくれることを期待しています。

明日から2月です。昔から2月は逃げる3月は去るといわれるように,あっという間に2月3月が終わり4月になります。新学期に向けて,次のステージに向けて本年度のやり残しがないよう,この2か月を計画的に過ごしましょう。まだまだ寒い日が続きます。健康に気を付けてそれぞれの目標に向かって頑張りましょう。